シーン別LED電球の選び方! 各部屋に最適なLED電球はこれだ!

これまで、LED電球の選び方として、LED電球を選ぶ際に気を付けるポイント、メーカー別比較 とまとめてきました。

http://osyarelife.com/leddenkyuerabikata/

http://osyarelife.com/leddenkyumakerbetu/

そこで今回は実際に、部屋別にどのLED電球が最適なのかを具体的にまとめたいと思います。

室内

リビング

E17サイズのダウンライトを前提とします。

調光器ありなしの両方で選びたいと思います。

調光器なしの場合

調光器なしでしたら、いろいろと選択肢がありますが、オススメはパナソニックのこれです。

平均演色評価数:Ra84

光の広がり角度:260度

長さ:88mm

60W形ではなく、あえて40W形を選びました。

くつろぐ場であるリビングでは、明るすぎないほうがいいと思ったためです。

その辺のことは、こちらの記事にも記載してますので、参考にどうぞ。

http://osyarelife.com/leddenkyuerabikata/

88㎜とちょっと長いですが、ダウンライトで使用するならば、長さは気にしなくてかまいません。

東芝ライテックの高演色・下方向タイプと迷いましたが、光の広がり角度を重視してパナソニックのこちらを選びました。

各メーカー、光の広がり角度が下方向タイプのものはダウンライトにオススメと謳っていますが、ダウンライトだからって、狭角でいいというわけではありません。

14735996273162.jpg

このように、カバー部分が反射板となっており、電球の横方向の光も反射させて部屋を照らしているので、ダウンライトであっても光の広がり角度は広いほうがいいに決まってます。

「ダウンライトにオススメ」とでも書かないと、他に用途がなくて売れなくなってしなうから、仕方なしに売り文句にしている という気がしてなりませんね。

調光器ありの場合

調光器対応の製品自体が少ないので、選択肢自体が少ないです。

調光器対応で全方向タイプはただ1つです。

平均演色評価数:Ra83

光の広がり角度:185度

長さ:82mm

全方向タイプとはいっても185度なので、ほとんど広配光タイプと変わらないですが。

東芝ライテックの同等品よりも、こちらのほうが性能は上です。

食事をする場であるダイニングは、演色性を最重要視して選びました。

ペンダント

14735996273183.jpg

ペンダントライトは、ダイニングテーブルをダイレクトに照らすので、演色性が命です。

料理がおいしくみえるのか、そうでないのかが分かれますからね。

ダウンライト

これはリビングに選んだ電球と同じでいいと思います。

パナソニックは、全体的に長い製品が多く、全方向タイプ、広配光タイプともに88㎜。
東芝ライテックは、全方向タイプが75㎜で、広配光タイプが67㎜。
三菱電機は、全方向タイプ(220度)で、67㎜。平均演色評価数(Ra)83。
アイリスオーヤマは、広配光タイプで70㎜。
日立は、広配光タイプで74㎜。

こうして各社最も短い製品を探してみると、三菱電機の製品がダントツで高性能ですね。

というわけで、E17サイズの短いLED電球のオススメはこれです。

平均演色評価数:Ra83

光の広がり角度:220度

長さ:67mm

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク