レーキで芝掻き@6月

レーキによるサッチ掻きとは、芝の刈りカスだけではなく、枯れた根も掻き出す必要があります。

芝を植えて5年くらい経ってくると、枯れた根もふえてきますので、芝刈りする前の季節でも定期的にサッチ掻きする必要があります。

14661741554443.jpg

この茶色いのは刈りカスだけではなく、枯れた根も大量に含まれています。

6月のこの時期は、刈りカスよりも、枯れた根の除去に力を入れるのがいいと思います。

そして、枯れた根の除去に役立つのが、この先端が金属のレーキ。

硬い金属の先端が深い根まで届き、枯れた根を確実に除去してくれます。

ただし、先端と先端の間隔が広いため、一度に少量づつしか掻き出せません。

なかなか力のいる作業時になります。

対して、掻き出す力の強い竹でできたレーキ。

根っこまでは届きませんが、先端自体が太く、また先端同士の間隔も狭いため、掻き出す力は非常に強いです。

ですので、涸れた根っこではなく、芝の間に溜まったサッチを掻き出すのに適していると思います。

ここでそれぞれのレーキで掻き出されたサッチを比べてみます。

これが金属レーキで掻き出されたサッチ。

14661741553501.jpg

薄い茶色です。
根っこを中心に掻き出されているのがわかります。

一方、竹のレーキ。

14661741553270.jpg

濃い茶色のサッチが多いです。

これは枯れて分解が進んでいるサッチです。

根っこからは分離して、芝の間に溜まってものです。
このタイプのサッチは、掻き出す力の強い、竹のレーキが一番適しています。

どちらのレーキが優れているではなく、それぞれに長所・短所がありますから、場合場合で使い分けるのがいいと思います。

そして、サッチ掻きが終わったら、肥料と目砂を撒きましょう。

芝は肥料食いですから、たっぷり撒いて問題ないと思います。

これを繰り返すことで、立派な芝生が育つでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク